相続財産とは


非相続人が死亡したときに、法定相続人となることができる者は、自分が相続人になるかどうかを選択することができます。それには、単純認証、限定認証、放棄の3種類があります。
まず単純認証の場合には、被相続人の権利義務の一切を継承することになります。この場合、被相続人に財産が多ければその財産を承継することができる反面、債務のほうが多いときには債務を認証することになってしまいます。一定期間放っておくと単純認証することになるので注意が必要です。
次に、相続で得た財産の限度においてのみ限度においてのみ被相続人の債務を支払う、という条件つきで相続を継承するというのが限定認証です。つまり、財産から債務を差し引き、財産が残っていればその財産を相続し、財産を上回る債務については支払う必要がないので、相続人にとって都合のよい選択といえます。限定認証は共同相続人がいる場合には、相続人全員が共同して行わなければなりません。限定認証をするときは、相続の開始があったことを知ったときから3ヵ月以内に家庭裁判所に申述しなければなりません。
もう一つの方法は、相続の放棄です。相続を放棄すると、その相続については、はじめから相続人ではないものとみなされます。したがって、相続を放棄することによって、相続問題とは一切関係がなくなります。これは、被相続人が膨大な債務を負っているときに、相続によって相続人が不利益を受けるのを避けるための制度ということができます。親の借金だからといって、子供が責任を負う必要はないのです。相続の放棄は限定認証と同様に、家庭裁判所に申述しなければなりません。
なお、この3つの方法はいずれも、自分に相続が開始したことを知った日から3ヵ月以内(熟慮期間)にしなければなりません。