相続とは


相続は人の死亡により開始します。相続というのは、死亡した人、つまり被相続人の財産にかかわる一切の権利・義務が、相続人に受け継がれることをいいます。そして、相続人が複数いる場合は、順位が定められていて、その相続財産は各相続人の相続分に応じて認証されることになります。
民法が相続人と定めている範囲は、被相続人の配偶者、子、直系尊属、兄弟姉妹などになります。子が数人いる場合は、同順位で相続しますが、非摘出子の場合は認知されていない限り相続人にはなれません。
被相続人に子供がいるときは、直系尊属や兄弟姉妹は相続人にはなれません。直系尊属が相続人になれるのは、被相続人に子供がいない場合であり、兄弟姉妹が相続人になれるのは、被相続人に子供も直系尊属もいない場合に限られます。
そして、配偶者は、子供がいれば子供と同順位で、子供がなく直系尊属がいるときは直系尊属と同順位で、また子供も直系尊属もなく、兄弟姉妹がいるときは兄弟姉妹と同順位でそれぞれ相続人になります。
被相続人が亡くなる前にその子が亡くなっていて、その子にも子(孫)がある場合は、その孫が子に代わって相続人になります。これを代襲相続といいます。孫が親に代わって相続人となり、親が承継すべき相続分を相続することができます。亡くなった子の子(孫)が複数いる場合には、親が承継する財産を均分することになります。