親族とは


自然人と自然人間の出生や養子縁組などによって生じる関係を血族関係といいます。血族関係には、自然の血の繋がりによる自然血族と、法の定めに従った養子縁組によって生じた法定血族があります。婚姻した相手方のことを互いに配偶者といい、自分と配偶者の血族との関係を姻族関係と呼びます。
祖父母、父母、子、孫のように、血統が直接上下する繋がりを直系と呼び、同一の始祖から枝分かれしている横の繋がりを傍系と呼びます。血族についてこの繋がりがあれば、それぞれ直系血族、傍系血族となります。そして、自分から見て前の世代に属する者を尊属といい、後の世代に属する者を卑属といいます。
親等とは、親族関係の中での遠近を表す単位です。直系の場合の親等の数え方は、自分や配偶者をゼロ親等とし、世代数で数えればよいのです。傍系の場合は、親等を判断する相手との同一の始祖に遡って、その始祖から下る世代数を数えます。
民法では、親族とは6親等以内の血族と、3親等以内の姻族とされています(七二五条)。
配偶者は血族にも姻族にも含まれず、親等もないが、配偶者は親族に含まれます。
父母の婚姻中に生まれた子は、父母ともに血族関係が発生します。しかし、法律上の婚姻関係にない父母の間に生まれた子は、母や、その血族との間には血族関係が生じるが、父や、その血族との関係では血族関係は生じません。ただし、この場合でも父の認知があれば、非嫡出子として父子関係、血族関係が発生します。養子縁組によっても血族関係が発生するが、養父の実親の血族と養親や養親の血族の間には血族関係は生じません。
普通養子の場合には、養子縁組をしても実親などと血族関係が切れることはありませんが、特別養子の場合には、実親と親族との血族関係は終了します。