債権の強制履行とは


債務者が債務を返済しない場合には、国家権力が債権者に手助けをすることで、債務者の意思にかかわらず、債務の返済を強制的に実現させることが可能です。
また、最終的に国家権力によって債務の返済が実現されるということを保障しておくことによって、債権が債務者によって任意に返済されるようにしむける、という役割を果たしています。もちろん、強制的に債務を返済させるためには、裁判によって債務者に返済を命ずる判決を勝ち取らなければなりません。そして、さらに債務者が返済を履行しない場合に、国家権力によって強制的に債務を返済させることができます。これを債権の強制履行といいます。
強制履行には3つの方法があります。まず、直接強制です。これは、債務者の意思にかかわらず、債権者の申出によって、国家権力により債権の回収を実現します。
たとえば、債務者が貸金の弁済をしないため、債務者の不動産等の財産を差押え、強制執行して競売をし、その代金の中から弁済をすることもあります。
また、賃貸借が終了したにもかかわらず、土地や建物を占拠している者に対して、その明渡しを求め。明渡しをしない場合には、国家権力によって強制的に退去させるという場合などが、直接強制に当たります。
これは債務の返済の手続きを、債務者あるいは第三者が、債務者に代わって行ない、債務の返済を実現させる方法です。その返済のためにかかった費用は、当然債務者の負担になります。
たとえば、土地の賃借人が、貸地上の建物を壊さなければならない債務を負っているにもかかわらず、これを取り壊さない時には、債権者が債務者に代わってこれを取り壊し、その費用を債務者に負担させるという場合がこれにあたります。ただし、債務者自信がするのでなければ意味のない場合には、代替執行は認められません。
もう1つは、間接強制という方法です。この間接強制は、債務者に心理的に圧力をかけることによって、債務の弁済を債務者自身に実現させるほうほうです。
たとえば、ある演奏家が演奏会に出演する契約をしたにもかかわらず、これに出演しなかったときに、損害賠償の支払い義務を負わせるといったような場合がこれにあたります。