• HOME >
  • 民法とはどんな法律

民法とはどんな法律とは


現在では、役割をはたしている法律の数は、およそ9000くらいであるといわれています。
そして、この膨大な数の法律の頂点に立っているのが日本国憲法ということになります。
憲法は、日本国の基本的な体制や基本的人権の保障をうたっていて、法律のなかの法律といえるものです。
憲法以外の法律は、これを基本にしてその精神に沿うように規定されています。
したがって、憲法の精神に反する法律は憲法違反ということになります。
民法もまた、この憲法に従って作られているのです。ここでは、その民法について解説していきます。